【ポケモンGO】アドベンチャーウィーク結果・感想 捕獲数や色違い確率など【PokemonGO】

adventureweek2019 ポケモンGO

アドベンチャーウィークもあっという間に終了してしまいました。

ウィークなので仕方ないですが2週間くらいは期間を設けて欲しいなぁと思う今日この頃。

出現率がアップしていたポケモンの捕獲数や新たに実装された色違いの出現率などについてのまとめや感想です。

エンジョイ勢によるイベントレポートです。

色違いについて

結果から言うと色違いは出ませんでした。残念!

基本的に通勤や帰宅の道中の公園等で軽くプレイするだけなので当たり前なんですが、1種類くらいラッキーで出て欲しかったのが本音です。

特にイワークは金色ハガネールにしてジムに置きたかったんですけどねぇ。

イワークは普段野生では中々見かけないので、レイドや岩イベントの時に出てくれるのを祈ります。

出現率アップポケモンの捕獲数について

今回のイベントではアノプス、イワーク、リリーラが色違いの実装と共に大量出現していました。

僕の捕獲数はというと

  • アノプス 67匹
  • リリーラ 73匹
  • イワーク 11匹
  • 合計 151匹

少なすぎワロタ。そりゃ色違いなんか出ないはずです。

1番欲しかったイワークはもはや野生ではみないレベルだったので、タスクが出現しただけで嬉しかったですよ。笑

出てないので仮定ですが確率を考えてみます。

色確認のタップだけしたり逃げられた数を合わせて200程度と仮定して、確率通り引いたとしても0.5%以下なんですよね。

巷でよく言われている1/400っていう数字は現実味あるなぁと感じます。

1000匹とか1500匹くらい引いてようやく今回は中々出ないなぁーとか言えるレベルですね。

エンジョイ勢の僕には到底無理なので、そのうち巡り会う日を待つことにします。

まとめ

色違いが出ず終いだったので、絵的に映えない結果報告となりました。

相棒のアメの距離短縮のお陰で図鑑未登録ポケモンの進化が捗ったので個人的には嬉しかったですけどね。

色違いは原作の頃からロマンですからね。次回のイベントに期待です。

関連記事

【ポケモンGO】ナマケロコミュニティデイ結果・感想 色違いの確率やケッキングの実用性について【PokemonGO】

2019年6月8日
いつでも冒険モードサムネ

【ポケモンGO】いつでも冒険モードがアップデートでも直らないので再インストールした話【PokemonGO】

2019年6月5日
スポンサーリンク