【ゴッドイーター3】トロコン感想・攻略記事まとめ・個別トロフィー攻略メモ ボリュームは少なめ今後のアプデに期待

ゴッドイーター3トロコンサムネ ゴッドイーター3

皆さん、こんにちは。

ゴッドイーター3トロコン達成しました!

シリーズ初プレイということもあり、プレイヤースキルに不安がありましたが無事達成できましたので、感想と共にトロフィー攻略情報をまとめたいと思います。

狩りゲーというジャンルで見ると、全体的にややボリューム不足感がありましたが、ゲーム内容自体は巷で酷評されているほどではないと感じました。

攻略に使用した武器やおすすめパーティ

全てをつなぐもの

別記事で紹介した構成でトロコンまで通せました。特に不自由は感じませんでしたのでおすすめです。

初心者向けおすすめ装備サムネ

【ゴッドイーター3】ストーリー攻略におすすめの武器や立ち回りのまとめ【初心者向け】

2019年1月9日
ゴッドイーターパーティおすすめ

【ゴッドイーター3】ストーリー攻略おすすめパーティ、離脱時のために強化した方が良いキャラを紹介

2019年1月12日

ストーリー上で必ず取得可能なトロフィー

本作では、ストーリー進行により獲得できるトロフィーの割合が高めに設定されていました。

  • シンプルにストーリーを進めることで獲得できるもの(「対抗適応型ゴッドイーター」~「おかえり」)
  • 特定の灰域種アラガミを倒すことで獲得出来るもの(「偽りの天道」~「貪り喰らうモノ」)

以上の2種類がありますが、ストーリーを最後まで遊べば必ず取得出来るので安心して進めてください。

個別トロフィー攻略メモ

ほとんどがストーリークリアまでの道のりで取得可能なものばかりです。

「神を喰らう」

捕食攻撃(R1+△等)を行うことで取得可能です。チュートリアルで取得することになると思います。

「力を託して」

捕食攻撃成功後、銃身でリンクバースト弾(R1+△)を撃ち仲間に命中させると取得可能です。

「繋がる想い」

仲間とのエンゲージを行えば取得可能です。チュートリアルで取得することになると思います。

「繋ぐ者たち」

全ての仲間がパーティに加入するのはクリア後になりますので、ひとまずクリアを目指しましょう。

その後最後の仲間とエンゲージすれば取得完了です。

「達人への道」

40個のミッションでSSSの最高評価を取得するという内容で一見難しそうですが、装備強化後に格下のミッションに挑戦すればSSSは楽々とれます。

ミッション数も多いですし、初見でSSSを取れることも多かったので、それほど難易度は高くありません。

「踏破の心得」

踏破ミッションとは、携行品補給等が行えない連続したミッションのことです。ストーリー攻略上で必ず取得出来ます。

「達人の頂」

猟犬たちの黄昏-

ランク7のミッションを全てクリアすると出現する「猟犬たちの黄昏」というミッションをクリアすることが取得条件です。

ミッションの内容は、灰域種の連続討伐となっています。

踏破ミッションであり、一つ目に「ラー」・「ヌァザ」二つ目に「バルムンク」・「ドローミ」・「アヌビス」が出現します。

一見難しそうですが、一匹ずつ登場するので難易度はそこまで高くありません。

灰域種との戦闘で厄介なのが捕食攻撃です。当たるまで何度も繰り返してきますそのうち仲間が喰らってしまって、高火力攻撃で戦闘不能になり耐久値がピンチ・・・というのは避けなければなりません。

僕はスキルインストールで体力Lv5をつけて自分がわざと捕食されることで仲間の耐久値を減らされないように対策をしていました。

アラガミがバースト中はこちらから捕食攻撃を行うことで、バースト時間を短縮することができます。安全のため体力を満タン付近に保ちつつ、捕食攻撃を当てていればすぐにバースト解除されます。

灰域種+ハバキリのような組み合わせの乱戦の方がよほど難易度が高いと思います!

「何処かの、誰かと」

強襲討伐ミッションというランダムマッチングのオンライン協力ミッションをプレイすることで取得可能です。

オンラインに抵抗のある方は、オフラインでプレイしても取得できます。

「技術の結晶」

ストーリーを進めると発動可能になるアクセルトリガーを一度発動させれば取得できます。

「湧き起こる衝動」

初めてバーストアーツを放った際に取得できます。チュートリアルでの取得になると思います。

「新たな装備」

初めて装備パーツを合成した際に取得できます。縛りプレイでもしていない限りは自然と取得していると思います。

「神機整備」

初めて装備パーツを強化した際に取得できます。こちらも縛っていない限りは自然と取得していると思います。

「ジャックポット」

最高ランクかつ最高レベルの遺された神機の発見が取得条件です。

運の要素が絡みますが、そこまで珍しいモノではありません。僕の場合はマラソン等せずともストーリー攻略中に出ました。

素材マラソンの最中に出ることが多いと思います。

「歴戦の相棒」

一種類の近接武器、または銃身の使用回数が200回になると取得できます。

この200回って結構長い道のりなんですよ。ストーリークリア分だけじゃ全然足りません。

トロコンを目指す方は最初にコレと決めた武器をトロフィー取得まで使い続けることをおすすめします。

「自慢の逸品」

RANK7の装備を始めて手に入れることが取得条件です。

メインで使っている近接武器を優先して作ることをおすすめします。

「我が兵装に死角なし」

我が兵装に死角なし

全種類の近接武器、銃身、装甲のRANK7装備の入手が取得条件です。

RANK7装備はドロップ率3%の素材を求められることが多いので、無計画に作ろうとすると素材マラソンで疲れると思います。

個人的におすすめなのはレシェフシリーズです。フィールドに落ちている素材や比較的出現率の高い素材が材料なので3%のマラソンを繰り返さずに済みます。

メイン近接武器と装甲だけは、3%の壁を越えて強化しておくとすごく楽になるので頑張りましょう!

「結合崩壊、確認!」

初めて結合崩壊に成功した際に取得出来ます。結合崩壊とは要するに部位破壊です中型、大型アラガミと戦えば自然と取得できると思います。

「結合崩壊の極意」

結合崩壊を100回行うと取得できます。アラガミ一体に対して崩壊箇所は複数あるので、100という数字はすぐに到達することが出来ます。

「かけがえのない人」

全てのパーソナルアビリティを習得した仲間と共に、ミッションをクリアすることが条件です。

パーソナルアビリティにはAPのみで習得できるものと、GAPを消費するものがあります。GAPはミッション初クリア時が主な取得タイミングとなりますので貴重です。

パーティ編成に必要分メンバーに割り当てたら、残りのGAPは全パーソナルアビリティ習得予定キャラに全て使うようにしましょう。

まとめ

高難易度といえるトロフィーは正直ありませんでした。「我が兵装に死角なし」がやや面倒なくらいです。

ゲームとしては、シナリオ面がちょっと社会人ゲーマー向けではないかなぁと感じました。戦闘はゲームスピードが速く、軽快で爽快感がありますが、捕食攻撃を筆頭に敵の攻撃のバリエーションの少なさがやや目に付きました。

なんだか惜しい!って感じの作品でしたね。アプデ等あるなら期待します。

総合的には面白いと感じたので、過去作なんかも機会があればプレイしてみようと思いました。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます!

関連記事

プラチナトロコン記事リンクサムネ

【PS4】プラチナトロフィー獲得・トロコン済みソフト一覧 感想・攻略記事まとめリンク【トロフィー】

2019年6月7日
スポンサーリンク