【ゲームコラム】オンラインマルチプレイで緊張や不安を感じる方へ 原因や解決・対策方法などを提案します!【僕も苦手】

オンライン苦手 ゲームコラム

みなさんはオンラインマルチプレイって好きですか?僕は苦手なんです。笑

記事タイトルにもある通り、「楽しい」よりも「緊張」や「不安」にメンタルを支配されてしまいがちなんですよね。この記事では自分なりに原因と対策を考えていこうと思います。

同じ悩みを持つ方の参考になれば幸いです。

原因の考察と対策

プレイスキルに自信がない

程度の差こそあれ、誰もが抱えている不安だと思います。特に真面目な人ほど迷惑をかけてはいけないという思いから緊張や不安につながって行くものだと思います。

対策としては、まずはソロプレイを一通り遊んで練習することです。プレイスキルが上がれば不安は徐々に薄れていきます。

フィンランド伝説のスナイパー「シモ・ヘイヘ」も狙撃のコツは?と問われた際に「練習だ。」と答えたなんてお話もあるくらいですからね。

何事も反復練習は技術向上と自信につながります。勉強やスポーツと同じで、練習と準備が出来ていないから不安が大きくなりがちなんですよね。

それでも不安な方はリアルでつながりのあるフレンドと遊んで雰囲気に慣れることからはじめると良いと思います。

向いてないなと思うゲームでは無理をせずにマルチプレイ自体を封印するのもアリだと思いますよ!

オンラインになると緊張してしまう

ソロプレイでは何でもない状況でもオンラインプレイになると緊張して操作ミスや本来ありえないミスをしてしまう。これもありがちだと思います。

これは完璧にプレイしなければならないというプレッシャーを自分で自分にかけている状態のことが多いですね。

所詮ゲームなんですから「多少失敗してもいいや。」と気楽にプレイするようにしましょう。

ノーマナー行為やルール違反をしなければ、怒られたりするリスクはほとんどないですよ。(稀に粘着質な変な人も居ますけどね・・・)

現実世界でもそうですが、他の人はあなたが思っているより、あなたのことを気にしていないものです。完璧主義は悪いことではありませんが、リラックスすることも大事ですよ。

趣味なんですから楽しみましょう!

暴言メール等が恐い・不快

いわゆるファンメと呼ばれているものですね。ちなみに僕はこれでオンライン苦手勢になりました。

PS3時代のことですが、対戦系のゲームの終了後には結構な確率で煽りや暴言メッセが届きましたね。

中でもスポーツ系ゲームでの暴言メッセが一番多かったですね。勝敗がハッキリつくので熱くなりがちな人が多いのかな?

勝っても負けても暴言メッセが届くので、どうしたらええねん状態でした。

1つ1つは気にならなくても、粘着されると段々億劫になってきてしまうんですよね。繊細な方だったら1通でもトラウマになってしまうこともあるかもしれません。

自衛策としてはそもそも届かないようにするのが良いと思います。目に入ると気になりますしね。

メッセージ関連設定の参考リンク

  • プライバシー設定からメッセージに関する設定ができますよ。ソニー公式のユーザーズガイドへのリンクを貼っておきます。

ユーザーズガイドへはこちらから

  • ソニー公式さんの18歳以下向けのガイドラインなのですが、対策方法が画像付きで丁寧に載っているページもあるのでこちらも参考にして下さい。
  • リンク先の「みんなが気持ちよく遊ぶために」というページは大人でも読んでおくべきだと思いますよ。

いやがらせを防ぐための機能へはこちらから

ちなみに体感レベルの話ですが、オンラインプレイが原則有料となっているのでPS4のオンライン環境はPS3時代に比べて格段に良くなっていると感じます。

協力プレイのお礼のメッセージや「対戦ありがとう」といった気持ちの良いお言葉を頂けることもあるので、そういったやりとりを楽しみながら、暴言メッセは相手にせずに淡々と通報していくのが理想だと思いますね。

まとめ

自分が思いつく範囲で原因と対策を考えてみました。共感できるような内容になっていれば良いのですが・・・

せっかくオンライン要素のあるゲームでも、苦手だからやらないというのはもったいないと思います。

僕も苦手勢なので気持ちはすごくわかりますが、思い切って遊んでみたら楽しかったことの方が多いですよ!

合わなければやめれば済む話なので、「どんなものか1度のぞいてやるかー」くらいの気持ちで是非プレイして欲しいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

バックアップサムネ

【PS4】突然の故障に備えてセーブデータのバックアップを取りましょう!【体験談付き】

2019年1月11日
積みゲーサムネ

なぜ積みゲーは生まれてしまうのか、崩す方法は?

2019年5月30日
スポンサーリンク